指輪をはめた女と新潟の展望台で夜景を見た帰りにモーテルでセックス

指輪をはめた女と新潟の展望台で夜景を見た帰りにモーテルでセックス

「新潟県新潟市 33歳 会社員 男性 S.Y」

 

指輪をはめた女と新潟の展望台で夜景を見た帰りにモーテルでセックス

 

出会い系では、人妻を狙うのが一番確率が高いと思います。僕はそう思って、いつも「メールでGO!!新潟エリア」を見ていました。

 

これまで、何度か人妻とエッチできましたが、みんな熟女ばかりで、たまには若い女がいいなと思っていたら、27歳の人妻からメールの返信が来ました。いつもメールを10通くらい出して、返事が来るのは1通か2通くらいです。

 

これで返信率がいいのかどうかわかりませんが、僕も場合はいつもそれくらいでした。しばらくして、もう1通返事が来たので、それから2人を相手にメールのやりとりをしていました。

 

しかし、あとから返事が来た人妻からはその後返事が来なくなったので、おそらく誰かと会ってエッチできたのでしょう。そういうことは、出会い系ではよくあることなので、しかたがありません。

 

僕は27歳の人妻とメールを続けましたが、彼女からのメールは夫の愚痴ばかりでした。その人妻の名前を仮に亜紀としましょう。

 

亜紀とは、その後LINEを交換することができました。LINEが交換できれば、やれる確率が高いです。僕は全力で亜紀を落としにかかりました。

 

「子供でもいればまた違うのかもしれない」

 

亜紀がそう言うので、「まだ子供がいないんだ」と言うと、「うん」と答えました。

 

これはちょっと微妙な問題です。中には子供が欲しいのにできない夫婦もいるので、この話題は続けないほうがいいかもしれません。すると、僕の気持ちを察したのか、亜紀がこんなことを言いました。

 

「できないのは当然なのよ」
「どうして?」
「だって、子供ができるようなことしてないもん」
「旦那さんと仲が悪いの?」
「そんなことないよ。仲はいいけど、そういう行為がないの。どうしてかな?」
「うーん」

 

僕は返事に困りました。そんなことを聞かれてもわかりません。

 

「だって、男の人はしたくなるでしょう?」
「まあそうだけど」
「おかしいよね」
「うん、それはおかしい。ひょっとして…」
「えっ、なに?」
「別に女がいたりして」
「あー、それ私も疑ってる」
「可能性高いよ」
「やっぱり?」
「うん」

 

僕は、亜紀が不安になるようなことを並べ立てました。そうやって、彼女の心の隙に入り込もうという作戦です。

 

「だったらあの女かも」
「心当たりあるの?」
「ある。旦那の元カノ」
「元カノ知ってるの?」
「知ってる」

 

亜紀の旦那には彼女がいたのですが、それを亜紀が奪って結婚したのでした。

 

「ドラマみたいな話だね」
「でしょう? でもずい分いろんなこと言われたよ」
「どんなこと?」
「ひどい女だとか。殺してやるとか」
「うわ」
「でも、その頃は旦那のことが大好きだったから、負けるもんかって頑張った」
「旦那ってカッコいいの?」
「うん。イケメンだと思うよ」
「写メないの?」
「写メあるから送るね」

 

送ってもらった写メを見ると、旦那さんはかなりのイケメンでした。

 

「へー、イケメンだね」
「うん」
「俺負けそう」
「じゃあやめる?」
「いや、頑張る」
「男は顔より大事なものがあるよ」
「へー、なに?」
「おちんちん」
「えー、まじ?」
「なーんてね。でもやっぱ大事だよ」

 

いきなり卑猥な言葉が飛び出したのでびっくりしました。でも、これでやれるという確信が強くなりました。亜紀はセックスしたくてたまらないのです。

 

そうでなければ、あんな卑猥な言葉は書かないでしょう。僕とこれだけやり取りしているということは、おそらく他の男とはやり取りしていないと思います。ということは、亜紀は僕に的を絞ってくれたということです。

 

だったら、早く行動したほうがよさそうです。もし別の誰かがメールをしたら、彼女の気が変わるかもしれません。

 

指輪をはめた女と新潟の展望台で夜景を見た帰りにモーテルでセックス

 

出会い系は常に競争なのです。

 

「会ってみようか」

 

僕は思い切ってそう書いてみました。いつもこの言葉を切り出すのは勇気がいります。ここで失敗したら、これまでの苦労が水の泡です。5分くらいで既読になりましたが、返事はありません。

 

それから、僕は何度もスマホをチェックしましたが、とうとうその日は返事がありませんでした。

 

あー、失敗したか。僕はそう思っていました。返事が来ないのですから、失敗したと考えるのが普通です。

 

「いいよ、どこで会う?」

 

亜紀から返事が来たのは翌日でした。

 

よかった…

 

彼女の返信を見て、僕は思わずスマホを握りしめました。なぜ返事をくれなかったのか聞いてみると、「LINEしてるのが旦那にばれそうになった」のだそうです。あのLINEを旦那に見られたら大変なことになります。

 

「でも見られてないから大丈夫」

 

というのでひと安心です。亜紀と会うのは次の土曜日にしました。待ち合わせ場所は新潟駅。そこがお互いの家の中間地点でした。

 

僕は車で行くのでもっと亜紀の家の近くでもいいのですが、それは彼女が嫌がるでしょう。家の近くだと誰かに見られるかもしれないし、そもそも出会い系の相手には家の近くまで来られたくないはずです。

 

僕は新潟駅北口のロイヤルホストの前で彼女を待ちました。亜紀は夜景を見たいというので、待ち合わせしたのは午後6時でした。ちょっとだけ遅れてきた彼女は、鮮やかなピンクの上下を着ていました。簡単に挨拶を済ませ、とりあえずロイヤルホストで何か食べることにしました。

 

「何が食べたい?」
「そうねえ、ハンバーグおいしそう」

 

というので、僕もハンバーグ定食にしました。テーブル席に座って上着を脱いだ亜紀は、白のブラウスにピンクのブラジャーがうっすらと透けています。亜紀はハンドバッグもピンク色だったので、話をするきっかけを探していた僕は、「ピンクが好きなんだね」と言いました。

 

すると亜紀はちょっと困ったような顔をして、「そうなんだけど、やっぱり目立つよね」と言って胸を押さえました。

 

「あ、いや。そういう意味じゃないよ」

 

僕はちょっとあわてました。別にブラジャーのことを言ったわけではないので、こんなことで気分を害されたくはありません。ここで亜紀を怒らせてしまったら、これから夜景を見て、そのあとどうするか考えていた僕の計画が、すべて台無しになってしまいます

 

でも亜紀はにこやかに笑って、すぐ別の話題に変わったのでホッとしました。食事が終わるとあたりも暮れかけてきたので、さっそくドライブに出かけます。僕たちは、「Befcoばかうけ展望室」という、中央区にある展望台に向かいました。新潟駅から車ですぐなので、ドライブというほどでもありません。

 

「ここって、朱鷺メッセ展望室って呼んでなかった?」
「昔はそう呼んでたけど、最近名前が変わってみたいだよ」

 

駐車場に車を停め、僕たちはそんな話をしながら展望台に向かいました。この展望台は100メートル以上の高さがあり、360度周囲を見渡せるので素晴らしい夜景が楽しめます。

 

「あれ見て、すごくきれい」

 

亜紀が指さすほうを見ると、信濃川に架かる万代橋がライトアップされていました。いつの間にか僕たちは、周りのカップルと同じように自然と手をつないでいました。

 

「行こうか」
「うん」

 

僕たちは昔からの恋人のように、寄り添って車に戻りました。発進する前に助手席の亜紀に顔を近づけると、目を閉じたのでキスしました。唇を吸いながら胸に手を伸ばすと、「あう、ここじゃだめ」と言って優しく僕の手を押し戻します。

 

このへんにモーテルあったっけ?と思いながら、僕はスマホで検索しました。すると亜紀もモーテルを検索しています

 

「あったよ、ここはどうかな?」

 

先に見つけたのは亜紀でした。

 

「そこにしよう」

 

少し山を上ったところにあるモーテルに向かって車を走らせます。亜紀はスベスベできれいな体をしていました。

 

「今日はつけなくても大丈夫だよ」

 

亜紀はそう言ったけど、もしできちゃったら大変なので、ゴムをつけてベッドに上がりました。

 

「あん…」

 

乳首を吸うと亜紀はすぐに声を上げます。挿入しようとしてふと顔を上げると、亜紀の指輪がキラリと光りました。僕は旦那さんにすまないと心で詫びて挿入しました

 

うわ、気持ちいい…

 

僕は喘ぎまくる亜紀の声を聞きながら射精しました。

 

おすすめ出会い系サイト メールでGO!!

 

指輪をはめた女と新潟の展望台で夜景を見た帰りにモーテルでセックス