「ご近所メール便」を使って前橋駅で出会ったふくよかな40代熟女との快感セックス

「ご近所メール便」を使って前橋駅で出会ったふくよかな40代熟女との快感セックス

ご近所メール便」という出会い系サイトでの体験談を少し書きたいと思います。

 

「ご近所メール便」を使って前橋駅で出会ったふくよかな40代熟女との快感セックス

 

ご近所メール便は、たくさん存在している出会い系サイトの中でも、出会える確率は高い方だと思います。私自身、使ってみて実感しています。

 

最初に使い始めたのが2年前になります。興味本位で使ってみたと言うのが、正直なところです。もともと出会い系サイトに興味がありましたが、なかなか手を出す勇気がありませんでした。

 

出会い系サイトはあまり良いイメージがなく、トラブルに巻き込まれるのでは、という思い込みがあったためです。しかし、使ってみると全くそのような事はありませんでした。具体的な内容をここからは書いて行きたいと思います。

 

2年前の11月に入る頃に「ご近所メール便」に登録しました。ご近所メール便を知ったのは何気なくアダルトサイトを見ていた時に、目について衝動的に登録してしまったと言うのが理由です。

 

「ご近所」という言葉の響きにやられてしまいまた。男性であれば、近所にスケベな女性がいて、その人とセックスフレンドになれれば…などの妄想は一度はした事はあると思います。私もそんな妄想が好きでよく頭の中ではセックスフレンドができたらいいなー、と思っています。

 

「ご近所メール便」に登録してみて、いざ女性を探してみると、私の想像以上に多くの女性が利用している事が分かりました。年齢層も幅広く20代から50代の女性がいました。

 

私は今年で30歳になるのですが、どちらかと言うとスケベな熟女が好きで、エロ動画なども熟女物をよく見ています。50代の女性でも美人な人はいるのですが、出会い系サイトで50代というと、大抵が普通のおばさんです。

 

私は流石に50代の女性にメールするのはためらってしまい、40代の女性を中心にメールを送ってみました

 

私が住んでいる所は群馬県の南の方で埼玉県や茨城県にとても近く、東京にも電車で1時間半ほどでいける所に住んでいます。とりあえず群馬県を中心に40代の女性にメールを送り返事が来るのか待っていました。

 

送ったメールの内容は短刀直入に「セックスフレンドを探しています」と言った内容です。30人ほどの女性にメールを送ってみると、殆どの女性から返事が来ました。

 

メールの内容は10人ぐらいが興味があると言う内容のもので、他はセックスフレンドは興味があるが、何回かお会いしてからでないと無理というような内容の物でした。

 

私は出会い系サイトは意外とセックスフレンドは簡単に出来るのではと思い、女性のターゲットを絞りメールをしてみました。そのターゲットのチョイスは、感覚的にセックスフレンドにとても興味がありそうな女性や、スケベそうな女性に絞りました。

 

ターゲットの女性にメールすると「会うのはいつでも大丈夫」という返事が返ってきました。その後、ひとりの女性と会う約束ができました。

 

サイトに登録してから会う約束が取れるまで、1週間はかかりませんでした。実際に会った時の日の出来事を今から書きたいと思います。

 

女性の名前は敏子さんと言います。おそらくニックネームを使っているのだと思います。年齢は42歳です。私より一回り年上の女性です。敏子さんは過去に結婚していた事があり、バツイチの女性でした。

 

私は特にバツイチとかは気にせずに、敏子さんとは連絡し会っていました。敏子さんは群馬県の中央にあたる街に住んでいて、私の所からだと電車で1時間はかからない所です。

 

距離的には遠すぎない距離で、ちょうどいいと思います。待ち合わせの場所に指定したのは前橋駅のローソンにしました。前橋駅はお互いアクセスしやすいので、その駅にしました。

 

敏子さんと会った日はとても寒い日で、待ち合わせ時間は昼の14時に約束していました。私は当日、少し早めに家を出て30分前には前橋駅に着いてしまいました。

 

「ご近所メール便」を使って前橋駅で出会ったふくよかな40代熟女との快感セックス

 

案の定、敏子さんはまだいませんでした。仕方なく近くの喫茶店で時間を潰して待つ事にしました。14時になり、私はローソンの駐車場で待っていると、一人の女性がこちらに向かってくるのが分かりました。

 

おそらく敏子さんだと分かりました。当目から見た感じは、おばさんと言う感じては無くて、上品な女性の言う印象でした。敏子さんがこちらに気づいて私は軽く頭を下げました。

 

敏子さんの第一声は、私が寒い中待っていたのを気遣う言葉でした。敏子さんは優しい人だと瞬間的に感じました。敏子さんは髪の毛は赤茶色で、毛先が襟足ぐらいまであり、外側にカールしていました。

 

ブランド物のカバンを持っていて、お金には困っていない感じがします。顔は42歳にしては少し若く見える感じがしました。

 

喋り方はゆっくりと喋る人で上品さが感じられました。体型は普通で、バストやヒップなどはコートを着ていたので分かりにくかったのですが、小さくはないと見ていました。

 

敏子さんと少し雑談してから、歩いてホテルに行く事になりました。敏子さんは明るい人でホテルに行く間ずっと喋りかけてきました。

 

敏子さんはセックスフレンドが2人いるそうで週に一回はセックスしているそうです。私はその様な話をしているうちに、興奮してきてチンコが少し反応しているのが分かりました。

 

ホテルに着くと敏子さんはコートを脱いで、さらに服を脱ぎ始めました。何のためらいもなく服を脱ぎ始めたので、とても手慣れている印象を受けました。敏子さんの裸は40代に見えなくて30代半ばぐらいの身体のラインをしています。

 

胸はCかDはあると思いました。太ももがしっかりしていてスポーツをやっている様な健康的な身体をしています。

 

私は敏子さんとシャワーを浴びることとなり、敏子さんは私の体を洗ってくれました。私は敏子さんにチンコを触られると、すでに勃起してしまい、敏子さんに少し笑われてしまいました。

 

お互いシャワーを浴び終わり少し間を置いてからベットに入りました。敏子さんは早速、私のチンコを舐め始めました。

 

敏子さんはフェラがとても馴れていて、舌の使い方などがとても上手くてとても気持ち良かった記憶があります。敏子さんはフェラが終わると騎乗位になって私を下にしてセックスし始めました。

 

敏子さんのマンコはとても暖かくて、熟女の女性特有の柔らかさを感じる身体をしています。敏子さんは騎乗位が好きなようで、ずっと上になってセックスしていました。

 

私はバックでしたくなり、敏子さんを立たせました。敏子さんはお尻を突き出して自分でマンコを開きながら挿入してきました。セックスがとても好きな女性だと思いました。

 

バックでしていると敏子さんのお尻のお肉が気持ちよくて、熟女のふくよかな身体に今まで味わったことのない気持ち良さを感じていました。

 

1時間はセックスしていたと思います。私たちは少し疲れてベットで横になってしまいました。

 

敏子さんはとても体力がある女性で、私の方がバテてしまいました。敏子さんはスポーツをした後の、さわやかな笑顔で私とのセックスの感想を話し始めました。

 

久しぶりの若い人とのセックスで、とても良かったと言ってくれて、とても嬉しかったのを覚えています。そしてベットから出てシャワーを浴びて少し飲み物などを飲みホテルを出ました。

 

駅に着いた頃には夕方の6時ぐらいになっていて、平日だった為、帰宅する人と重なり昼よりも人が多くいました。私は敏子さんと駅で別れて家に帰りました。家に帰るときに電車の中で敏子さんとのセックスを思い出しながら帰っていました。

 

敏子さんとは今は会っていませんが、最初に出会い系サイトでセックスした女性なのでとてもよく覚えています。敏子さんとはその後、4回会ってセックスしました

 

敏子さんは今は「ご近所メール便」から、いなくなってしまいましたが、他の女性とセックスフレンドになっているので、その体験談も後で紹介したいと思います。

 

おすすめ出会い系サイト ご近所メール便

 

「ご近所メール便」を使って前橋駅で出会ったふくよかな40代熟女との快感セックス