宮城県仙台市でLine交換所のおすすめ出会い系サイトをご紹介【メールフレンドで友達募集からはじまる出会い】

宮城県仙台市でLine交換所のおすすめ出会い系サイト【メールフレンドで友達募集からはじまる出会い】

「宮城県仙台市 30歳 会社員 男性 F.W」

 

「ご近所アドレス」で出会えた風変わりなアニオタ女とドライブして仙台のモーテルで3回射精

 

たまにやってる出会い系で、ちょっと珍しい女の子が釣れたので書いてみたいと思います。その女の子は、「ご近所アドレス宮城県エリア」で見つけました。名前はT子(22歳)です。

 

いわゆるオタク系女子で、二次元の男にしか興味がないような女の子でした。二次元の女の子にしか興味がないオタクの男の話はよく聞きますが、それの女の子バージョンといったところでしょうか。

 

メールのやり取りをするようになったのはうれしいけど、いったいどんな女の子だろうと思っていました。ところが、会ってみると意外に普通の女の子だったのでちょっと安心しましたよ。これなら普通にエッチできそうだと思ったのが最初の印象でした。

 

とにかく出会い系は、普通にエッチできるかどうかだけが、僕の判断基準になっています。このときは、いつものように手当たりしだいにメールして、全部で10通以上送ったと思います。その中の一人がT子だったわけですが、返信を見ても最初はオタク少女だとはわかりませんでした。

 

それは、プロフをよく読んでいなかったせいもあります。ちなみに、このときメールの返信が来たのは2通だけでした。いつもながら返信の少なさには泣かされますが、他の人もこれくらいなんでしょうか?

 

文章の書き方などで返信率は変わるのでしょうけど、狙う相手によっても変わると思います。僕は年下の女の子だけにメールを送っていますが、若い子だと競争率が激しいから返信も少なくなるのでしょう。

 

ずっと年上のおばさんを狙えばやれる確率は上がるかもしれませんが、熟女はどうしてもイヤなので、とりあえず確率は低くても若い子狙いでやっています。おっと、だいぶ横道にそれてしまいましたので、T子の話に戻しましょう。

 

T子からの返信を読むと、アニメが好きだと書いてあるので、あらためてプロフを読んでみると、ガチガチのアニメオタクだってことがわかりました。しかも、名探偵コナンはまだいいとして、ベルサイユのばらにハマってるとも書いてありました。それと、渋いのが鉄腕アトムにブラックジャック。もう完全に男向けのアニメだし、いつの時代だよって言いたくなります。

 

こんな22歳の女の子っているのか?と思ってしまいますが、本人のプロフだからそうなんでしょうね。この子は、他にもいくつか条件を書いていました。まず、「束縛されるのは嫌だけど、私は束縛する」こんなことが書いてありました。

 

もうひとつは、「甘えさせてくれる大人な男性」それに、「わがままを聞いてくれる人」というのも書いてありました。これでは、プロフを見た男はメールしないでしょうね。

 

だから誰にも相手にされなくて、何も知らずにメールした僕に返信してきたのかもしれません。まあ、ちゃんとプロフを見ないでメールした僕が悪いんですけどね。

 

だけど、そのおかげで女を食えたのですから、何が幸いするかわかりません。それからT子とメールのやり取りが始まったのですが、とにかく返信が遅いんです。

 

だいたい3日で返ってくれば早いほうで、一週間放置されることも珍しくありません。T子のメールばかり待っていられないので、また新たに5人にメールしてみましたが、こっちはまるで返信がないので、しかたなくT子とやり取りすることになりました。

 

僕のほうも、他に誰もいないのだからしかたがありません。そういう意味では、僕とT子は似たもの同士だったのかもしれません。

 

とにかく何とかしてT子とエッチしたいものだと、僕はまだ会ってもいないキモオタ系の女のことばかり考えていました。たぶんT子のほうもメールする相手が僕しかいないので、そのうち頻繁にメールをくれるようになりました

 

そして、ある日T子のほうからLINEを交換したいと言ってきました。LINEのやり取りが始まると、トップ画像がベルばらだったから驚きました。たしか、オスカルだったかな。僕はあまり詳しくないけど・・・。

 

LINEを交換してからは毎日やり取りするようになって、うるさいくらい送ってくるようになりました。そして、「会ってみようか」といううとすぐ既読になって「いいよ」とうれしい返事が返ってきました

 

普通なら「やったー」と喜ぶところですが、イマイチそうなれないのは、やっぱりトップ画像がオスカルだからかもしれません。待ち合わせしたのは仙台駅中央口でした。T子が仙台駅が近いからそこがいいと言ったのですが、僕は車で来ていました。

 

T子と一緒にドライブして、雰囲気を盛り上げてモーテルに連れ込む計画でした。僕は暗い女の子を想像していましたが、やってきたのはごく普通の女の子でした。あくまでも見た目はですが・・・。

 

着ている服がダサいか顔がブスか、下手するとその両方かもしれないと思っていました。でも、顔もまあまあだし、服装も変ではありません。

 

「ご近所アドレス」で出会えた風変わりなアニオタ女とドライブして仙台のモーテルで3回射精

 

ただ2つ気になったのは、22歳にもなってフリフリのスカートと、髪をツインテールに縛っていることでしょうか。やっぱりこの辺にオタクっぽさがにじみ出ています。おそらく、普段はもっとオタクな服装をしているけど、今日は僕に会うから頑張って普通の恰好でやってきたのではないかと思います。

 

もしそうなら、ヤレる可能性は高いと思いました。だって、僕に嫌われたくないと思っているのなら、向こうはその気ですから。僕はさっそく、T子を連れて近くのカフェに入りました。

 

「いつもこんな服装なの?」

 

僕は単刀直入に聞いてみました。

 

「変ですか?」

 

すると彼女はと心配そうに、自分の着ている服を見回しています。

 

「ううん、変じゃないよ」

 

すると彼女は「よかった!」と言ってニコッと笑いました。

 

「実はこれ、友達に借りたんです」

 

「やっぱり」

 

僕はそう言いかけて言葉を呑み込みました。

 

「ふーん、そうなんだ。いつもはどんな服装なの?」
「普段はもっとアニメっぽい服を着てます。でも、それじゃあおじさんが引いちゃうかなって思って」

 

どうやら、T子から見ると僕の年齢の男はおじさんらしいです。まあいいんですけどね。

 

「ところで、どこかドライブ行かない?」
「えー、車で来てるんですか?」
「うん」
「わー、行く行く」

 

T子はドライブをすんなりOKしてくれました。駐車場まで行って車に乗り込み、エンジンをかけてから「どこに行きたい?」と聞くと、「うーん」と考えています。特にに行きたいところはないようです。

 

「だったら海でも見に行こうか?」

 

するとT子は急に顔を曇らせ、「海は嫌です。山のほうがいい」と言って僕の顔を見ました。

 

「わかった。そうしよう」

 

僕はすぐに車を発進させました。T子は海を嫌がりました。もしかすると、あの津波でつらい目に遭ったのかもしれません。山のほうに向かってしばらく走っていると、モーテルが見えてきました。

 

「あそこに入ってみようか」

 

そう言って、僕はT子の反応を見ました。すると彼女は「えー」と言っただけで嫌な顔はしませんでした。このあたりのモーテルの場所はだいたい頭に入っています。

 

僕はさりげなく次のモーテルに向けてハンドルを切りました。すぐにモーテルは見えてきました。「ここに入ろうか」目の前のモーテルを指さすと、また「えー」とはっきりしない返事が返ってきました。

 

ところがモーテルを通り過ぎてから、「さっきよりこっちのほうがきれいね」と、T子が振り返りながらつぶやいたのです。

 

「えっ、どうする、今のとこ入る?」するとまた「えー」しか答えません。
「きれいならいいんじゃない?」
「えー」

 

ちょうど前からも後ろからも車が来ていなかったので、僕はそこで無理やりUターンしてスピードを上げ、そのままモーテルに突っ込みました

 

車を駐車場に停めると、あとは2人とも無言でした。僕はT子の肩を抱いてフロントに行き、鍵を受け取って部屋に入りました。思ったとおりT子はまだ経験が少ないようで、僕が3回射精しても彼女は一度もイキませんでした

 

T子とは今でもたまに会っています。しかし、どうやら彼女は他の男とも会っているようで、最近急にフェラチオがうまくなってきました。

 

おすすめ出会い系サイト ご近所アドレス

 

「ご近所アドレス」で出会えた風変わりなアニオタ女とドライブして仙台のモーテルで3回射精