「メールネット」で出会った福井の女に交番に突き出されそうになったけどエッチできた

「メールネット」で出会った福井の女に交番に突き出されそうになったけどエッチできた

「福井県福井市 30歳 IT関連 男性 Y.E」

 

「メールネット」で出会った福井の女に交番に突き出されそうになったけどエッチできた

 

出会い系に人妻が多いのは知っています。でも、出会い系の人妻ってたいがい30代以上で、20代の人妻は少ないですよね?もし20代の人妻がいても、結婚して何年もたっている人妻ばかりのはずです。少なくとも、僕はそう思っていました。

 

だけど、そんな僕の常識を覆すような出来事があったんです。早い話、結婚したての人妻がいたんですよ。そして食えたんですよ!

 

これってすごくないですか?

 

僕としてはかなり驚きだったので、そのときのことを書いてみますね。

 

その子の名前はナナ。年齢は27歳って言ってたけど、まだ結婚して半年もたってないから、見た目はそこらへんのOLさんみたいな感じでした。ナナは興味本位で出会い系をやってたみたいです。

 

だから、別に会うつもりはなかったし、会ってもエッチする気なんかまったくない。始めはそういうつもりだったようです。でも、こういう女の子って案外多いみたいなんですよ。

 

友達がやってて面白そうだからとか、興味本位や暇つぶしに出会い系をやって、初めは会う気もなかったのに、気がついたらホテルのベッドの中っていうパターン。

 

でも、ここからが分かれ道なんです。友達から、あるいは興味本位でやってみて、すぐやめる人とのめりこんでいく人がいるんです。この差は何でしょうか。

 

のめりこんでいく人は、自分でも気づかないうちに何か満ち足りないものがあったんでしょうね。それが、たまたまやってみた出会い系で満ち足りない部分が埋められた。そしていつの間にか出会い系の常連になっていた、ということなのでしょう。

 

僕は、満ち足りないものを出会い系で埋めようとする女性が大好きです。だって、そういう女性のおかげで、僕は出会い系でセックスできるんですから。

 

出会い系をやってセックスまでいく人は、どこかに問題を抱えているのだろうと思います。だから、彼女たちが抱えている問題を上手に解決してあげることができれば、たちどころに心を開いてくれます。

 

そして、心を開いたら次は股を開いてくれますから、頑張りましょう。僕もそこを目指してやっています。

 

僕がナナと会ったのは、「メールネット福井エリア」という出会い系でした。

 

そのときは10人くらいにメールを出したのですが、2人返信が返ってきたけど1人はそのうち返信が途絶えてしまい、最後に残ったのがナナでした。

 

ナナとのメールのやり取りは不規則で、3日返信がなかったり5日なかったりというのは、珍しくありませんでした。

 

ところがあるとき、「写メ送ってぇ」とメールが来たので送ったら、それれからメールが頻繁に来るようになり、「会ってみようか」とナナのほうから言ってきたのです。もちろん僕はすぐOKしました。

 

だって、結婚したての新妻とセックスできるチャンスなんて、一生に一度あるかないかですからね。

 

もちろん、まだセックスできると決まったわけじゃないですけど。ナナと会ったのは福井駅西口ロータリーそばの交番の前でした。よりによってなぜ交番?って思いましたが、待っているとすぐにナナがやってきました。

 

ナナは僕の顔を見るなり、「あー違った」と小さな声でつぶやきました。小さな声ですが僕にも聞こえました。

 

「何が違うの?」

 

もちろん僕はそう聞きました。

 

「じゃあ、訳を話すからどこか店に入りましょう」
「ああ、いいよ」

 

僕はナナと一緒に近くの個室居酒屋に入りました。別に個室居酒屋だからって、いきなり何かしようという魂胆ではありません。たまたまよさそうな店だから入っただけです。

 

「違うって何のこと?」

 

「メールネット」で出会った福井の女に交番に突き出されそうになったけどエッチできた

 

ビールで乾杯すると、僕は早速ナナに聞きました。

 

「写メを見たとき、知ってる人かなって思ったの。でも違ってた」
「ふーん。じゃあ、知ってる人かもって思ったから僕と会ったの?」
「そうなの」
「わざわざ会いたいってことは、よっぽどなんだね。元カレとか?」
「あ、するどい!3割当たったる」
「3割…じゃあほとんど外れじゃん」
「あ、そだね」
「そだねってもう古くね?」

 

僕たちは個室に響くような声で笑いました。

 

「でも、3割当たってるってどういうこと?」

 

僕は気になるので聞いてみました。

 

「あなたの写メを見て、友達の彼氏に似てると思ったの」
「へえ」

 

僕は2杯目のビールを注文しました。

 

「実はその人に10万円貸してるのよ。だから、あなたがその人だったら返してもらおうと思って」
「えー、そうだったのか」
「もし返さなかったら警察に突き出してやろうと思って」
「だから交番のそばで待ち合わせしたの?」
「そういうこと」

 

これでやっと、待ち合わせ場所の謎が解けました。ここで注文したビールが届きました。

 

「でも、元カレ?って聞いたら3割当たってるって言ったよね」
「うん。その人は私にとって3割くらい彼氏だったから」
「意味わかんない。だって友達の彼氏でしょ?」
「そうだよ。でも内緒で付き合ってた。最初は無理やりっぽかったけどね」
「どんなふうに?」
「その人の部屋に呼ばれたの」
「それで行ったんだ」

 

ナナはうなづきました。

 

「行けばどうなるかわかってた」
「じゃあなぜ行ったの?」
「好きだったから」
「ああ、そういうことか」

 

僕はちょっとため息をつきました。

 

何だかすごい話になってきました。

 

「だからわざとミニスカートで行ったの。そしたらやっぱり男の人だからそういう気になっちゃって。でも押し倒されたら急に怖くなっちゃった。だって友達の彼氏だし」
「そうだよね」
「だからやめってって言ったけどやめてくれなかった」
「それからどうしたの」
「しばらく付き合ったよ。そしたら急に10万円貸してくれって言われて、貸したら連絡つかなくなっちゃった」
「じゃあ友達にきいたら。友達の彼氏なんだから」
「それが、友達とも別れたんだって。だから友達も連絡がつかないのよ」
「ひどい奴だな」
「でしょう?」

 

僕はジョッキに残ったビールを飲み干して、3杯目を注文しました。ナナのビールはまだ半分ほど残っています。

 

「その男って、僕に似てるんででしょ?」
「うん、似てるね。写真で見たらそっくりだもん」
「じゃあ、僕の顔見ると腹が立つ?」
「ううん、そんなことないよ。だって好きだったって言ったでしょ」
「じゃあ僕のことも好き?」
「はあ、何言ってるの?」
「だって、好きな人に似てるんでしょ?」
「うーん。そうねえ。似てるから悪い気はしないかな」
「マジで?」
「こらこら、まだ喜ぶのは早いよ。あなたが考えてることはわかるけど、私はOKしたわけじゃないよ」

 

ここで僕は自分の股間を押さえました。

 

「あ、ちょっと何してるの。変なことしないでよ」

 

ナナも気がついたようです。

 

「実はさあ、さっきからギンギンなんだよね」
「えー、立ってるの?見せて見せて」
「えっ」
「あ、勘違いしないでよ。ズボンの上から見せてって言ってるの。おちんちん絶対出さないでよ。あー、結構膨らんでるわねえ」

 

ナナは膝立ちになって、あぐらをかいた僕の股間を覗き込んでいます。ちょうどそこへ、注文したビールが届きました。

 

「ほらね、出してたら大変だったよ。個室だからって油断できないんだから」

 

ナナは笑っていました。

 

「早く飲んでよ。行くんでしょ?」
「行くってどこに?」
「行きたいんでしょ、ラブホ」
「えっ、いいの?」
「そんなこと女に聞いちゃだめ」
「ああ、わかった」

 

僕は届いたビールをグイッと飲んで店を出ました。ラブホテルは歩いて10分ほどのところにあります。ラブホに着くまで、ナナはずっとしゃべっていました。

 

「その人と付き合ってたら、たぶん結婚したと思う」
「でも友達の彼氏だからなあ」
「もしその人と結婚していたら、私は出会い系をやるような女にはならなかったと思う」

 

僕たちは一緒にシャワーを浴びました。ベッドに戻るとナナがコンドームをつけてくれて、僕の上にまたがりました

 

「あんっ、ああんっ」

 

ナナは僕の上で激しく腰を振り、髪を振り乱してイキまくりました。

 

おすすめ出会い系サイト メールネット

 

「メールネット」で出会った福井の女に交番に突き出されそうになったけどエッチできた