長崎県佐世保市でLine交換所のおすすめ出会い系サイト【メールフレンドで友達募集からはじまる出会い】

長崎県佐世保市でLine交換所のおすすめ出会い系サイト【メールフレンドで友達募集からはじまる出会い】

「長崎県佐世保市 33歳 飲食業 男性 G.I」

 

出会い系「直メ@喫茶」で会った佐世保のセフレ希望の女とラブホで朝までハメまくり

 

暇だから出会い系をやろうと思って「直メ@喫茶長崎県エリア」を見ていたら、「セフレ希望」という変わった書き込みをしている女がいました。彼女の名前はエリといって、年齢は24歳でした。

 

「どうしてセフレ希望なの」

 

僕はこんなメールを出したのですが、返事は返ってきませんでした。出会い系は10通メールを出して2~3通返ってくる程度なので、返信がなくてもいつものことだから気にしません。しかし、エリの場合は1か月もたって忘れた頃に返信が返ってきました

 

内容は、「それは会ってからでないと言えない」というものでした。

 

「それ」などといわれても困ってしまいます。

 

だって、僕はその間に大勢の女の子にメールしているから、1か月も前のメールだとすぐには思い出せないのです。そこで調べてみたら、「セフレ希望」と書いた子だとわかったので、「会ってくれるの?」と返信したところ、「会ってみようかな」とうれしい返事が返ってきました。

 

1か月もたって返事をくれたのがちょっと気になりますが、おそらく別の男と付き合っていたのでしょう。そしてその男を振ったか振られたかで、今度は僕に返事をくれたのだと思います。

 

でも、たとえそうだとしても、エッチできるなら僕はかまいません。会ってみると、エリは顔は普通でしたが、体はスレンダーでスタイル抜群でした。高校時代は陸上をやっていたらしく、そのときに鍛えた体を今でも維持しているようでした。

 

「何か食べたい」

 

というので、僕たちは近くのレストランに入りました。食事をしながらワインを飲んで、エリのことをいろいろ聞き出しました。

 

「ところで、セフレ希望ってどういう意味なの?」
「そのままの意味だけど。出会い系はもともとセフレみたいなものだから」
「じゃあ、会ってからでないと言えないと言ったのは?」

 

するとエリは急に笑い出して、「ただ言ってみただけよ。別に深い意味はない。あ、もしかして気になってた?」などと、人を小バカにしたようなことを言うのです。

 

ちょっとふざけてると思ったけど、ずっと気にしてたと思われるのが癪だったので、「そういうわけではないけど」と答えておきました。

 

「出会い系は競争だから、インパクトのあることを書かないと忘れられちゃうでしょう?」
「うーん、確かにそうだね」

 

それを聞いて、僕は1本取られたと思いました。でもエリの言うことは間違っていません。というより、出会い系では男のほうがずっと競争が激しいから、エリの考え方を学ぶべきだと思いました。

 

話してみると、エリはなかなか楽しい女の子でした。エリはスタイルは抜群ですが、顔は普通です。でも、笑顔が素敵なので、いつまでも一緒にいたいと思うような女の子なのです。

 

出会い系ではなく、もっと普通の出会い方をしていたら、きっと真剣に付き合いたいと思ったに違いありません。でも、1か月も返信をくれなかったところを見ると、その間他の男に抱かれていたのでしょうから、そんな子と真剣に付き合う気にはなれません。

 

僕はこれからラブホに誘ってOKなら、彼女とは今夜だけセックスして、それで終わりにしようと思っていました。それでも、1か月間返事がなかった理由を、やっぱりエリの口から聞いてみたいと思いました。僕が何か言おうとしたとき、エリのほうが一瞬早く口を開きました。

 

「そうだ、あなたに謝らなくちゃ」
「謝るって何を?」
「最初にメールをもらって、1か月も返事しなかったでしょう?ごめんなさいね。もしかして怒ってた?」
「いや、そんなことはないよ」

 

僕は咄嗟に嘘をつきました。それよりも、こっちから聞こうと思ったことを先に言われたことが驚きでした。

 

「実はね」

 

エリは話を続けました。どうせ別の男に抱かれてたくせに、どんな言い訳をするのかな。僕はそんなふうに思いながら、エリの話を聞きいていました。

 

「あなたからメールをもらった日の夕方、実家のおばあちゃんが脳梗塞で倒れちゃったの」
「実家って?」
「今は佐世保で一人暮らししてるけど、実家は福岡なの」
「そうだったのか。で、おばあちゃんは?」
「最初は命が危ないって言われたけど、何とか大丈夫だったの。たいぶ元気になったけど、手足に少し麻痺が残ってるの」
「そうか…」
「実家にいる間も、あなたに返信しなくちゃってずっと気になってたのよ。でも、おばあちゃんが大変なのに、出会い系なんか開く気になれなかったの」
「その気持ちよくわかるよ」
「わかってくれるの?ああよかった。やさしいのね」

 

僕はうつむいたままでした。

 

出会い系「直メ@喫茶」で会った佐世保のセフレ希望の女とラブホで朝までハメまくり

 

「どうしたの?」
「いや、何でもないよ」
「でも下を向いままじゃない。私何かいけないこと言った?」
「ううん、エリちゃんは悪くないよ。悪いのは僕のほうだよ。僕のことをやさしいとか言わないで。そんなふうに言われる資格ないから」
「どういうこと、意味わからない。とにかく顔を上げてくれない?」

 

僕は顔を上げました。

 

「泣いてるじゃない。どうして?」

 

エリはバッグの中からハンカチを出して渡してくれました。

 

ハンカチはいい匂いがしました。

 

「ありがとう。でも、僕にはエリちゃんにやさしくしてもらう価値がないんだ」
「さっぱりわからない。わかるように話してくれない?」
「わかった。じゃあ話すね」
「うん」

 

するとエリはきちんと背筋を正して、僕の顔を見ました。

 

「エリちゃんから1か月返事がなかったから、きっと別の男に抱かれてるんだろうって思ってた。そして1か月たって僕に返事をくれたのは、その男に振られたか振ったかで次の男を探そうと僕に返事を出したと思ったんだ。おばあちゃんが大変だったのに、俺って最低だよ」

 

するとエリはため息をつきました。

 

「そうかあ。そんなふうに思われてたなんてショックだね。でも正直に話してくれてうれしいよ」
「それだけじゃないんだ」
「まだあるの?じゃあ聞かせて」
「今日だって、俺はどうやってエリちゃんをラブホに連れ込もうかってそればっかり考えてたんだよ。最低だよね」

 

数秒間沈黙があって、エリが口を開きました。

 

「今はどうなの」
「えっ」
「今も私をラブホに連れ込もうって考えてるの?」
「いや、おばあちゃんの話を聞いたらそんな気持ちはなくなったよ。僕にはエリちゃんを抱く資格なんてない」
「そんなことないよ」
「えっ」

 

僕は顔を上げました。

 

「出会い系なんだから、エッチしたいのは当たり前だよ。全然悪くないって」
「そう言ってくれるとホッとするよ」
「今はもう私をラブホに連れ込もうという気はないの?」
「ないよ。ほんとごめんね。そんなことばかり考えてたってわかたら気分悪いよね」
「連れてってくれない?」
「どこに?」
「私をラブホに連れてってよ。それとも、もうやだ?」
「そんなことないけど、いいの?」
「うん、いいよ」
「俺には資格がないって」
「いいのよ。私が抱かれたいの」
「えっ」
「だから、あなたの話を聞いてたら私が抱かれたくなったの。だから連れてって。いいでしょ?」
「ほんとに?」
「ほんとだよ。実は、ついさっきまでラブホに誘われたらOKするかどうか半分半分だったの。でも、あなたが正直に話してくれたから、今は100%OKだよ」
「ほんとにありがとう」
「ばかね、もう泣かないでよ、男のくせに」

 

エリはまたいい匂いのするハンカチを貸してくれました。店を出ると、僕たちは寄り添ってラブホテルまで歩きました

 

「あー、エリちゃんのおっぱいが腕に当たってるぅ」
「もう、エッチぃ」
「ほら、また当たってる」
「しょうがないじゃん。おっぱいおっきいんだから。あれえ、もしかして立ってる?」
「そりゃあ、おっぱいが当たれば興奮するよ」
「あー、立ってるんだ。どれどれ。おーカチカチじゃん」
「あ、ばか。こんなとこで触んなよ」
「あ…」

 

僕は暗がりでエリにキスをしました。

 

「ねえ、ここでしちゃおうか?」
「ええー、こんなとこでぇ、ラブホはすぐそこだよ。我慢できないの?」
「わかった。早く行こう」
「うん」

 

僕たちは足早にラブホに向かいました。

 

「はあん、だめぇ!イッちゃうよっ」

 

僕たちは夜が明けるまで求めあいました

 

「今度私の部屋に来て。ご飯作るから」
「うん、絶対行く」

 

エリとは長い付き合いになりそうな気がします。

 

おすすめ出会い系サイト 直メ@喫茶

 

出会い系「直メ@喫茶」で会った佐世保のセフレ希望の女とラブホで朝までハメまくり