東京都渋谷区でLine交換所のおすすめ出会い系サイト【メールフレンドで友達募集からはじまる出会い】

東京都渋谷区でLine交換所のおすすめ出会い系サイト【メールフレンドで友達募集からはじまる出会い】

「東京都渋谷区 45歳 自営業 A.Y」

 

俺には人には言いづらい「ロリコン」という性癖が昔からありました。

 

「メールほしいの」で出会った寂しがり屋のロリ貧乳女と父娘プレイで新世界開拓

 

そんな若くて若いらしい子とエッチしたい…という欲求は抑えられず、「メールほしいの」という出会い系で初めてロリ系の女の子を探す事にしました。

 

周りの知人には、ロリコンという性癖がある事は、もちろん秘密です。

 

その日はメールほしいのにログインし、良さげな子がいないかなと探していると「ロリ系の19歳、貧乳ですが会ってくれる人探してます」と記載があり、気になったので「近くに住んでいるんだけど今日会える?」とその子にメールしてみました。

 

1時間ほど経っても、何も返信がなかったため、やっぱり年齢が離れ過ぎてるからダメだったかなと、落ち込んでしばらく経ったとき、メールを送った子からスマホに連絡が来ていました。

 

「唯です('ω')ノメールありがとう('Д')貧乳でロリだけど大丈夫?」となんとも若い子が打ったようなメールが来ていたので、「ロリ系で貧乳でもぜんぜんOK 」と返信して、待ち合わせ場所などを決めて会う事になりました。

 

待ち合わせ場所である109前に行くと、プロフィール通り154センチのロリ顔で貧乳…っぽい女の子が一人で周りをきょろきょろしていたので、思い切って「唯ちゃん?」と声をかける事にしました

 

声をかけると「そうです!」と笑顔を見せてくれて、想像していた通りのロリっぷりで、愛おしさが一気にこみ上げてしまいました。

 

今すぐ、エッチしたいという気持ちが湧き上がってきたのですが、その気持をぐっと抑え、唯ちゃんに「おなかすいてない?ご飯でも行く?」と言うと「お腹すいたし行きたい!」と言ってくれたので、近くのファーストフード店に行くことにしました。

 

注文して、席につくと唯ちゃんが「実は、私のお父さんがとても厳しい人で、男性=怖いってイメージがあって、少しトラウマなんです」「でも子供の頃から寂しがり屋で男性に対するイメージを変えたいんです」と静かに話し始めたのです。

 

正直、唯ちゃんの話を聞いて驚きましたが、会った時から愛おしく思っていたので、この子が抱えているトラウマやイメージなどを俺が払拭してあげたいと思いました。

 

「俺で良ければ協力するよ?無理やりしたりせずに優しくする」と頭を撫でてあげると照れくさそうに笑ってくれた。

 

「この後どうする?唯ちゃん」と聞くと「二人っきりになれる個室に行きたい」というのでOKという事だなと自分の中で理解し、ホテルに向かいました。
ホテルに向かう途中、手をつないでみると指を絡めてきたので、少し興奮していた。

 

子ども体型を巨根で貫く快感を知ってしまった

ホテルにつくなり、唯ちゃんは、シャワーを浴び、上がってきたところで俺もシャワーを浴びる事にした。

 

「メールほしいの」で出会った寂しがり屋のロリ貧乳女と父娘プレイで新世界開拓

 

風呂から上がってくるとタオル1枚でベットに座っている唯ちゃんがいたので、近づくと唯ちゃんから良いシャンプーの香りがして、さらに興奮してしまい、我慢できなくなった俺は、割れ物を扱うかのように優しく抱きしめて軽くキスをした

 

そしたら、今度は、唯ちゃんの方からキスをしてきたので、「優しくする」と耳元で囁き、舌を絡めてキスをしながら、ベットに押し倒しました。

 

少し、怯えているようにも見えたので「気持ちよくしてあげるから胸触っていい?」と聞いてから、ゆっくりと片手で、胸を触ってみると「んっ!あっ!」とかすかに声が出ていたました。

 

「大きい胸の乳首舐めているよりも小さい胸の乳首舐めてる方が興奮する」と耳元で囁いて耳舐めをすると「あんっ…!気持ちいい」少し大きめの声が出たので、乳首をゆっくりと舐めて体中にキスをしたと指でゆっくりとアソコの割れ目を触り、一本だけ指を中に入れてみた

 

少し、動かすとやらしい音がたくさんしたので「なんでこんなに濡れてるの?いやらしい音いっぱい聞こえるよ?」と耳元でまた囁いて俺のペニスを唯ちゃんの口元に持っていくとゆっくりと口で咥えてくれた。

 

本当だったら、激しく喉の奥までペニスで突きたいけど、愛おしい唯ちゃんにそれを今するという訳にはいかなかった。

 

しばらく、そのままでいるとアソコにペニスを入れたくなったので、入れていい?と耳元で聞くと「うん」と小さくうなずいたので、ゆっくり挿入した後、小さく動いてみた。

 

中でペニスが締め付けられて、イキそうだったが、唯ちゃんとのエッチを最大限楽しみたくてもう少しイクのを我慢した

 

「んっ!痛いけど気持ちいい…」と言った後「あんっあんっ」と大きな声で喘ぎ出したため、動くスピードをさらに早めてみた。

 

もう我慢ができなくなった俺は、中に出していい?と唯ちゃんの耳元で聞いてみた。

 

「出して…」と甘えた声で言ってきたので、さらに動きを早めて、唯ちゃんの中にたっぷりと射精した。

 

よほど気持ちよかったのか「もっと欲しい」と唯ちゃんにねだられ子ども体型の唯ちゃんの中を巨根で貫く快感を知ってしまった俺は、そのまま2回戦に突入し、もちろん中に出してそのまま横に倒れて、唯ちゃんを抱きしめながら、二人で少し眠った。

 

貧乳で自信がない女の子の心をケア

 

とにかく「貧乳女子に胸が大きい子が好き」とか「胸が小さくてもいい」とか言ってしまうと貧乳女子はさらに自信がなくなるので「貧乳じゃないと興奮しない」といったような文言を言ってあげる事で「貧乳でも良いんだ」と自信を持ってもらえます。

 

時々会ってHする関係になってからが楽しかった

 

最初は、お互い照れくさいかったですが、唯ちゃんと時々会ってHするようになりました。

 

自分好みに唯ちゃんを徐々に育てるのが楽しくて、唯ちゃんもどんどん積極的になっていきました

 

最終的に父娘なりきりプレイで大興奮・イキまくり

 

最終的には、父と娘のなりきりプレイをして新世界を開拓するようになり、お互い興奮しながら何度もイキまくって楽しめるようになりました。

 

様々な体位で試してみたり、ポルチオ性感帯の開発をしたりしています。

 

優しい落ち着いた父性に憧れていた女の子

会うたびに様々な話をしていくうちに、自分の父親が厳しい人だったからか唯ちゃんが優しくて落ち着いた父親に憧れていいました。

 

きっとその憧れている父親像と父娘プレイで俺が演じる父親が似ているため、どんどん開花されていったのかなと思います。

 

過去のトラウマも払拭できて更にイキ乱れるように

気がつけば、過去のトラウマもすっかり乗り越える事ができて、最初の頃には想像できないほどイキ乱れてくれるようになりました。

 

「好きにしていいよ」なんてロリ系の女の子から言われたら、俺の興奮度もMAXですぐにペニスが大きくなってしまいます。

 

寂しがりなので毎日のようにセックスするように

寂しがり屋の唯ちゃんは、週1回などではなく気が付くと毎日会って、エッチするようになっていました。

 

性欲も毎日満たされるし、どんどん開花されていく唯ちゃんを見ていると愛おしさが募っていくばかりです。

 

今はロリ貧乳女が娘のような妻です

現在では、毎日、大好きと言いながら、セックスをする仲になり、偶然出会ったロリ貧乳女が、気がつけば娘のような妻です。

 

「メールほしいの」で本当に出会えるのかと不安でしたが、実際に自分好みの女の子に出会う事ができました。

 

嘘だろ?って思ったあなたは騙されたと思って登録してみると良いかもしれません。

 

これからも、唯ちゃんと楽しく、エッチな毎日を過ごしていきたいです。

 

おすすめ出会い系サイト メールほしいの

 

「メールほしいの」で出会った寂しがり屋のロリ貧乳女と父娘プレイで新世界開拓