東京都江戸川区でLine交換所のおすすめ出会い系サイト【メールフレンドで友達募集からはじまる出会い】

東京都江戸川区でLine交換所のおすすめ出会い系サイト【メールフレンドで友達募集からはじまる出会い】

「東京都江戸川区 32歳 会社員 男性 K.N」

 

ある日、仕事がフレックスタイムか、よくわからない制度で平日にも関わらず休日になったため、暇になり「恋メール」で、都合のいい子がいるかどうかを探していました。

 

「恋メール」で出会ったまじめで清楚系な巨乳低身長女に激しく中出し

 

この出会い系は同僚に教えてもらい、試しにやってみたらいい感じの女の子とセックスができたから、それ以来ちょくちょく遊んでいます。

 

適当に掲示板を探していると、「今日、お暇な方いらっしゃいませんか?」という書き込みを目にしました。

 

プロフィールを確認すると、顔は写っていなかったのですが、服の上からでもわかる巨乳だったので、すぐにアポをとりました。

 

10分くらい経過すると返信がきました。女性の名前は美香さんと言い、少し離れてはいるものの意気投合をして、渋谷で待ち合わせをすることになりました。

 

定番の清楚系巨乳ちゃんが乱れたいとのことで

うきうきしながら電車でスマホを取り出し連絡し続けていました。

 

アポが取れてからはやり取りが早く、メールの内容を軽く説明すると卑猥なことに今日は乱れたい気分とのことでした。

 

この手のメールは非常に怪しいので、出かけた当初はウキウキしていましたが、だんだんと疑惑の気持ちが高まって渋谷に到着したころには7割くらい疑惑の気持ちが勝っていました。

 

とりあえず待ち合わせの時間5分くらい前に到着し、約束場所であるモヤイ像の前で待っていました。

 

モヤイ像の前には何人か待ち合わせをしている人がいました。

 

するとなんかプロフィール写真と雰囲気が似ている女性が立っていました

 

僕はちょっとどきどきしながら女性に「もしかして美香さんですか?」と問いかけたところ「あ、〇〇さんですね、初めまして美香です」と答えてくれました。

 

安堵と共にさっきまで卑猥なメッセージのやり取りをしていたと思うと急に股間が熱くなってきました

 

とりあえず自分の気持ちも落ち着けたく、まだ夕方に差し掛かろうとする時間帯だったので「どこかでお茶でもしませんか?渋谷何でいくらでもありますよね」と言うと「お茶とかいいのでホテルに行きません?」と美香さんから誘ってきました。

 

僕はあっけにとられてしまいました。

 

メッセージではある程度予想していたのですが、見た目はとても清楚で下ネタなんて嫌がるタイプに見えたからです。

 

身長は160cmあるかないかでしたが、黒髪のセミロングがさらに清楚を演出しています。

 

「え?急にどうしたんです?」おどおどしている僕の手を引き「嫌なんですか?それならやめますか?」と非常に積極的です。

 

僕は首を横に振り「そんなことないですよ」というと「じゃあ早くいきましょ!」と腕を組んでホテル街に行きました。

 

その時のおっぱいの感触が今でも思い出せます。

 

彼氏が親友と浮気した憂さ晴らしだとのこと

とはすぐにセックスをするモードにはなれないため、ホテルの部屋に入って少し談笑することにしました。

 

話をしていると美香さんは看護師で、今日は非番の日とのこと。

 

看護師がエロいことに積極的というのは都市伝説ではなかったんですね。

 

それにしても積極的すぎるので、もう少し詳しく事情を聞くと、だんだんと美香さんの様子がおかしくなってきました。

 

「何かあったの?」と問い続けると「実は彼氏がいるんですが、私の親友と浮気をしていて…」

 

彼氏がいたことにショックを受けつつ、話が重くなってきて問い続けたことを少し後悔しました。

 

しかし、美香さんは話を続けます。

 

「ちょっと憂さ晴らしをしてやろうと思って、出会い系を使ってやろうと思いました。こういうサイトははじめて使うので、最初はどきどきしていました。」美香さんは続けて「でも〇〇さんに出会えてうれしいです。変な人だったらどうしようかと…」

 

初めて使うにはメッセージの内容が卑猥だったねというと「あれはどこかのコピペなんです(笑)。でも憂さ晴らしだから半分本気でもあるんですよ」と完全にからかわれています。

 

だんだんと緊張もほぐれて来たのか、本当の恋人のような時間が流れてきました。

 

そして2人でシャワーを浴びます。僕が最初にシャワールームにいるとすぐに美香さんが入ってきました。

 

色白い柔肌ボディがとてもいやらしいです。お互いに洗いっこをしているだけで勃起がとまりません。

 

「まだお預けですよ。」この一言に僕はメロメロになってしまいました。

 

心のケアをしつつアツアツの夜にしてあげることに

一緒にシャワールームから出るとベッドに横になりました。

 

確かに会話をしていて緊張感がなくなってはきていたのですが、なんかまだぎこちないです。

 

僕は愛撫をする前に軽くキスをして「こんな僕でごめんね。君の好きにしていいですからね」と臭い言葉を言うと「だったら…優しく抱きしめて欲しいです」とリクエストをいただきました。

 

ゆっくりと抱きしめると美香さんも抱きしめてくれて、暖かい空間が流れてきました。

 

色白の柔らかいおっぱいや二の腕が反発してとても興奮します。しかし、美香さんは傷心中なので彼女のことを優先します。

 

すると息遣いが少し荒げ出し僕の顔に自分の顔を近づけると、先ほどとは違った舌を絡ますディープキスが始まりました。

 

僕は再びあっけにとられていましたが、美香さんが望むならばとお返しにさらに濃いディープキスをしました。

 

よほど彼氏に腹が立っているのか、元々エロいのかはわかりませんが、体感的に10分以上ディープキスをしていたと思います。

 

もちろんディープキスをしている間はおっぱいを揉んだり、勃起した乳首をコリコリ刺激していました。

 

乳首を刺激するとディープキスをしながらも「うん…、あん…」と感じてくれるのでこちらのテンションも上がってきます。

 

そろそろいいかなぁと局部をさわるとぬるぬるになっていました。
「そこは…はずかしい…」
「でもすごく濡れているよ?どうしようか…」

 

AVみたいなやりとりが現実にできるなんて思ってもいなかったのですが、美香さんは「触って欲しいです…あとできれば舐めて欲しいです…」とリクエストをします。

 

僕はすかさず美香さんの局部を開帳しクンニを始めます。

 

「あ、あ、すごくいいです」めちゃくちゃ感じてくれてこちらもテンションが上がります。

 

何分かクンニや愛撫をしていると美香さんが「お礼ですよ、あと彼氏にもこんなことしませんからね」と言って僕の勃起したチンポを手でしごきながらフェラチオをしてくれました。

 

少しぎこちなかったですが、とても気持ちが良くなってしまい、思わずイキそうになりました。

 

なにかを察したのかホテルに常備されているゴムを手に取り、挿入させてくれる美香さん。

 

僕が上になり正常位の体勢で美香さんをハメます。「あん、あん、いい、すごくいい」おっぱいをたゆんたゆんと揺らしながらする正常位がこんなにも気持ちがいいとは思いませんでした。

 

その夜は自分が持っていたゴムも使い3回のセックスをしちゃいました。

 

1回限りと思いきやお誘いが来た

あんな経験は2度とできないだろうなと思いつつ業務をしていると、とりあえず連絡先は交換していたのですが、また美香さんの方からお誘いの連絡が来ました。

 

またメールのやり取りができると思うと、その日の業務は手に付きませんでした。

 

前のセックスが良すぎてもう一度したいとのこと

メールの内容をざっくりと言うと、結局彼氏とは別れることになり、寂しく感じていると僕としたセックスを思い出すようになって、ついついオナニーをしてしまうとのこと。

 

「恋メール」で出会ったまじめで清楚系な巨乳低身長女に激しく中出し

 

だったらいっそのこと連絡しちゃえと思って連絡をくれたというのです。

 

こういう時は男から連絡すべきだったので、なんだかいたたまれない気持ちにはなりましたが、結果オーライということにします。

 

早速、仕事帰りに会うことになり、今度は食事をしてからホテルにいき、また同じように熱い夜を過ごすことになりました。

 

安全日に中出しも決めて完全に虜に

それからと言うものの、週に1回のペースで会うようになり、安全日には中出しをするような仲になりました。

 

僕は完全に彼女の虜になってしまい、お互いムラムラが高い日には朝から晩まで一日中セックスをすることもありました。

 

1年間ほどは普段はしっかりとゴムをつけてセックスを満喫し、安全日の時だけは生中出しセックスを堪能しました。

 

次第にFOしていって今となっては良い思い出

ただ次第にお互い連絡をしなくなり月に1度だけのセックスが二月に1度となってからすぐ連絡しても返信が来なくなりました。

 

新しい彼氏ができたのかはわかりませんが、自分が彼氏になれなかったのがちょっと悔しいです。

 

おすすめ出会い系サイト 恋メール

 

「恋メール」で出会ったまじめで清楚系な巨乳低身長女に激しく中出し